歯周病

歯周病治療の重要性

歯周病治療の重要性
口腔内カメラを使って、歯石がついている部分や歯肉が腫れている部分を患者様に実際に見ていただきます。レントゲンも撮りますので、それをご覧いただくと、骨が痩せている部分なども分かりやすいかと思います。基本的な歯周ポケットの検査についても、行う前に必ず検査内容を説明するようにしております。何をするか分かってもらったうえで行うためです。検査をすることで治療の方向性が見えてきますので、それをきちんと行ってから次の段階に進みます。
治療用のイスであるユニットごとにパソコンがついておりまして、治療前、治療後の写真なども見ていただくことができるので、変化を分かりやすく実感できるかと思います。

歯周組織を整えることが大切

歯周組織を整えることが大切

歯周病については、歯石や歯垢をきちんと取って、歯周組織を良い状態にしてから治療に入ります。基本的には、歯周病が改善されないまま入れ歯や被せ物を入れることはないようにしております。すべてがつながってきますので、まずはお口の中の歯周組織を整えてから始めることが多いです。もちろん、虫歯による痛みがあって、神経を取ったり、歯の根の治療をしたりしなければならない場合は、そちらを優先して行います。また、患者様の状態に応じて、電動歯ブラシなどを推奨することもあります。また、歯ブラシや歯磨き粉の選び方のアドバイスもさせていただいております。

噛み合わせとの関係性

噛み合わせとの関係性

歯周病を併発して歯はかみ合わせに問題のあることが多く、かみ合わせ治療により、歯周病も改善することが多く見られます。
歯がしみたり、かむと痛んだり、物がはさまる時、あなたはまず、「むし歯?」と考えられると思いますが、実際には半数以上が、歯そのものには異常がなく、かみ合わせがずれていて、過度な負荷がかかったために起こっています。
かみ合わせを調整することにより、改善する症例はかなりあります。
詰め物や、かぶせ物をはずす前に、まず、かみ合わせ治療を行い、結果として改善すれば、大切な歯にとって、一番やさしい治療と言えるのです。

診療時間|お問い合わせ

診療時間 日・祝
9:00~12:00
14:00~18:00

ご相談・急患の方はお電話からでも承ります。
お気軽にお問い合わせください。

TEL:0463-21-1314

アクセスマップ

JR平塚駅西口から徒歩8分